育児コーチングコーチ - 育児コーチングコーチ協会

参加者の声

★飯島ゆみこさん
「何があっても大丈夫」


★R.Hさん
ミキ ミキさんの1day育児セミナーに参加してきました。
たった1日、いや、数時間でかなり深い気づきをいただいちゃいました。

ミキミキさんの数分のコーチングで私の心は軽くなり、潜在意識にある自分の答えを見つけることができちゃいました。

たった数分でですよ?となると、3日間のコーチングコーチ養成講座を受講するとどうなるんでしょ?

子育てのためではなく、自分の躾直しのためのセミナーです。これは、かなり必見です。

コーチング、興味はあったけど、誰から学ぶか?と迷っていたところに、出逢ったミキ ミキさん。

コーチングがティーチィングになったり、気づいたらアドバイスしていたりする、名ばかりのコーチングにはなりたくない。

また、相手が目標を達成するため、だけじゃなく、潜在能力を引き出し、導きを与える。その人の能力、可能性をみつけ、夢を叶えるためのコーチングを学びたい。

そもそも、答えは自分が持っている。が、顕在しないだけ。
現状にないゴールを出すのがコーチング。

先日参加した1dayセミナー。たった数時間のその内容は既に濃い。そして、セミナー終了後、参加された方たちのハートの扉が大きく開いた。

あとは、羽ばたくだけ!

人は、変わりたいと思ったなら、いつからでも変われる。アドラーさんもはっきり言っている。全ては自分が選択しているわけで、変わるのに早い遅いはない。

変わりたいのに変われないのはその手段、方法が、分からないだけ。方法をみつけてその気になったら変化変容は早い。
私はそれを体験した。

ミキミキさんのたった数分のコーチングで。

自分の中にある、不要な制限。
潜在能力を引き出すためには外す必要がある。
それを外すことで、心豊かになる。

仲間と学ぶことで、分かち合うことができ気づきが深まる。
たった数時間だったけど、私が得たものは大きい。

やっと、会えた。新たな学びのための師。

★C.Kさん
一昨日の感想、変化を書きます。
先日の講習で育児コーチングコーチの役割について理解できた。

印象的なことは問題えている人はその問題を作った人なので必ず答えを知っている。しかし盲点となって見えていないということだった。

なぜ印象的かというと、今まで私の悩みの答えは他者によって与えられるものだと思い込んでいたからだ。

盲点をみつけるには相談者に質問をし相談者の言葉の中から見つけていく。そのためにとわれない、こだわらない、垣根をつくらない自分で相談者の人に関わることが大切だとまなんだ。

自分の枠、こだわり、垣根…まだまだたくさんあると感じる…でも講座後その枠やこだわり、垣根を意識できるようになってきたと思う。これからのワークの中や日々の生活の中で枠を外していきたいと思う。

それから潜在意識と顕在意識で日々顕在意識の声に耳を傾けているがもっと潜在意識の声をよくきき大切にしたいとも思った。それはある意味自分を大切にする事かも知れない。

今まで周りにあわせようと…場の空気をみて…等意識していたがそんなことやめちゃおう、このままの私でいいんじゃないかな~と思った。

今回の講習会でこれから自分の夢に向かって歩く?走る?突っ走る?方向が明確になり、またベビートークリーディングを受講するという次の行動につないでいけたと思う。これからの自分にワクワクしていている。

最後に我が家のドリームキラーに何か釘さされるかとドキドキしていましたが、それどころかなんだか暖かく見守られている…ありがたいです。

また何か変化や気づきがあれば分かち合わせて下さい。